台湾ドラマ『Be Loved in House 約・定~I Do』の感想は面白い?評価を口コミ評判でまとめてみた!

Pocket

この記事では、台湾ドラマ『Be Loved in House 約・定~I Do』の感想は面白い?評価を口コミ評判でまとめてみた!について紹介していきます。

 

台湾ドラマ『Be Loved in House 約・定~I Do』は、新任のアートディレクターである金予真(ジン・ユージェン)が社内での恋愛禁止、結婚したら解雇という『シングル規定』を通達したことをきっかけに、それに抗議する石磊(シー・レイ)との間に繰り広げられる台湾BLドラマです。

 

横暴上司役は、「飛魚高校生」や「HIStory マイ・ヒーロー」で注目を浴びたアーロン・ライさん、相手役のツンデレ部下は、台湾バンド「noovy」の元メンバー、ハンク・ワンさんが務めます。

 

さらに、脇を固めるイケメン男優たちからも目が離せません。

その恋愛、感動シーンが満載、何度ももらい泣きしてしまいます。

涙あり、感動あり・・・のラブストーリーも必見のラブコメドラマ。これはキュンキュンものです。

それでは、台湾ドラマ『Be Loved in House 約・定~I Do』の感想は面白いのか、口コミ評判による評価を知りたい方はお見逃しなく!

台湾ドラマ『Be Loved in House 約・定~I Do』感想・評価は面白い?口コミ評判をチェック!

 

あらすじの感想

業績が悪く存続の危機に陥った創業約10年の「精誠スタジオ」の経営権を買い取ったジン・ユージェン(金予真)は、新任のアートディレクターに就任することになります。

 

 

実は、ジン・ユージェンは、スタジオで働くツンデレ部下のシー・レイ(石磊)が住む家をも買い取るのですが、待てど暮らせどシー・レイがは、家から出て行かず、2人は奇妙な数か月の同居生活を強いられることになるのです。

 

 

ジン・ユージェンの就任初日にスタジオの空気が一変させる出来事が起こります。

 

 

「シングル規約」が貼り出され、それには、「社内恋愛禁止、結婚したら解雇」と記載されており、程なくプロポーズしようとしていたワン・ジン(王靖)とバイ・シャオチエン(白筱倩)を絶望の淵に追いやるのです。

 

 

これが、社員の間で大問題となり、シー・レイ(石磊)は、賭けをしてしまいます。

 

 

これが2人の運命を変えることとなるとも知らずに。

 

 

スタジオの社員たちはシー・レイ(石磊)のリーダーシップのもと、この新たなアートディレクターに抗議するも、まったく埒が明かず、「シングル規約」を廃するため、秘密の計画を実行するのです。

 

 

シー・レイ(石磊)は、ユージェン(金予真)に張り付き、調査、この横暴なディレクターの恋愛の証拠を掴もうと奔走します。

 

 

ところが、鋼鉄の暴君ディレクターは、過去の恋愛のトラウマを抱え、孤独であることを知り、彼に対するシー・レイ(石磊)の好奇心は、次第にかき立てられていくのです。

 

 

この先の展開から目が離せません。

 

参考元https://tv.rakuten.co.jp/special/blih-ido/
参考元https://www.cinemart.co.jp/article/news/20210317003986.html

 

始まる前から期待大!

ハマルのでしょうね。

キャストの感想

 

アーロンさん人気ありますね。


アーロン・ライ推し!

 

横暴なディレクターを演じるアーロンさんの演技が圧倒的に話題です。

 

面白いの感想

 

好印象!

ご自分のコレクションに加えたそうです。

 

すっかりキュン死しそうとのこと。

やられていますね。

 

面白くないの感想

現在調査中です。

分かり次第記載していきます。

とにかく、キュンキュンもらい泣きする場面が多いようです。

韓国ドラマ全12話の作品ですが、

毎回楽しみに見られるドラマのようです。

 

台湾ドラマ『Be Loved in House 約・定~I Do』感想・評価まとめ

台湾ドラマ『Be Loved in House 約・定~I Do』の視聴率や視聴者の面白い・面白くない・つまらないと言った感想・評価をご紹介してきました

いかがだったでしょうか。

「House」をテーマに同居から始まるブロマンス、

ユージェン(金予真)の弱みを握ろうとするも、

逆に手なずけられてしまうシー・レイ。

禁断のボーイズラブを公然とドラマにした

胸キュンラブストーリー。

面白いです??涙なくしては見られない奥の深い物語でしたが、

最後まで飽きずに見られて、とても楽しめます。

コメントを残す