黄泉がえりの皇妃の感想は面白いのか、口コミ評判による評価

Pocket

この記事では、中国ドラマ『黄泉がえりの皇妃』の感想は面白いのか、口コミ評判による評価について紹介していきます。

 

ドラマ『黄泉がえりの皇妃』は、魂が入れ替わった姉妹と二人を愛してしまった皇弟の愛と復讐を描いた壮絶な宮廷ラブ史劇です。

 

復讐あり、ロマンスあり・・・の必見の時代劇。これは胸キュンものです。

 

それでは、中国ドラマ『黄泉がえりの皇妃』の感想は面白いのか、口コミ評判による評価を知りたい方はお見逃しなく!

黄泉がえりの皇妃面白い?口コミ評判をチェック!

 

あらすじの感想

龍騰大陸は大楮、大蜀、南峪の三国に分かれ互いに勢力を競っていた時代。

 

大楮国の戦神・夜君清(や・くんせい)は、敵に胸を射抜かれ、倒れながら「莫心(ばくしん)…」とつぶやきます。

 

しかしながらすぐさま起き上がり、味方の弓で総攻撃し、大蜀軍を打ち破るのです。

 

その後、大楮国皇帝である兄・夜鴻奕(や・こうえき)に都に呼び戻され、夜君清(や・くんせい)は、帰京します。

 

一方、大楮国の皇后である姚莫心(よう・ばくしん)は太監が運んできた安胎薬を飲むと、衣の下から血が流れ出します。

 

そう毒を盛られたのです。

 

莫心は「私の子供が」と血相を変え、太医を呼ぶよう叫びます。

 

宮中は騒然とし、莫心が一人お腹を押さえ倒れると、たまたま、妹・姚莫婉(よう・ばくえん)が訪れます。

 

その途端、莫心の体から光が放たれ、光の球体に莫婉が触れると同時の二人とも気を失ってしまいます。

 

その光は莫婉の体に入りこみ、莫婉だけが意識を取り戻すのです。

 

実は、莫婉の体に皇后・莫心の魂が入りこみ、入れ替わっていたのです。

 

莫婉(中身は莫心)は、倒れている自分の姿を見て、妹・莫婉が疑われると思い、急いで宮中から出ていきます。

 

この状況をどうしようか考えながら歩いていると、見知らぬ男たちに連れ去られていきます。

 

一方、宮中では皇后・莫心が流産し、寝室に横たえられ、それを夫である皇帝・夜鴻奕は涙ながらに皇后を見つめていると、「おそらく長くはもたない」と太医に言われ「死なせない。目を開けてくれ」と悲痛な呼びかけをするのです。

 

その後、皇后・莫心を思い、皇帝・夜鸂奕は悲しみと憤りを隠せず、安胎薬に毒を入れた犯人を捜すよう臣下に命じるのです。

 

 

これからの展開から目が離せません。

見てみないと分からないですよね!

 

ツッコみどころ満載!

キャストの感想

 

皇帝の演技に注目!

 

なるほど。

そうなのですね!

どこにでもいるのですね!自己中の姉って。

 

面白いの感想

賛否両論ですが、面白いそうです。

楽しんでるようです。

不思議ですね。

 

笑!

面白くないなどの辛口コメントの感想

 

正直な感想。

評価が低めだそうです…

辛口の感想が多かった印象です。

それでもとにかく、ハマルようです。

中国ドラマ「黄泉がえりの皇妃」は、全36話の中編作品ですが、

毎回楽しみに見られるドラマのようです。

 

中国ドラマ『黄泉がえりの皇妃』感想・評価まとめ

中国ドラマ『黄泉がえりの皇妃』の視聴率や視聴者の面白い・面白くない・つまらないと言った感想・評価をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

チェン・チョーユアンさんが演じる

容姿端麗・文武両道の夜君清(や・くんせい)が

愛したのは皇后・姚莫心(よう・ばくしん)だけ

ところが魂が入り込んだ姚莫婉(よう・ばくえん)に徐々に惹かれ…

彼らの掛け合いに萌えること間違いなし!

運命に翻弄される夜君清に注目!

おバカあり、復讐あり、ロマンスあり…

どっぷりハマります!!!

面白いです??涙なくしては見られない奥の深い物語でしたが、

最後まで飽きずに見られて、とても楽しめます。

 

https://cdrama.biz/?page_id=6496

コメントを残す