三千鴉の恋歌の感想は面白い?面白くない?口コミ評価をまとめてみた!

Pocket

この記事では、中国ドラマ『三千鴉の恋歌』の感想は面白い?面白くない?口コミ評価をまとめてみた!についてご紹介していきます。

 

中国『三千鴉の恋歌』は、家族を殺害され復讐を誓う覃川と、「彼女を千年も前から待っていた」という傅九雲という千年に渡る時空を超えた愛を描く神仙ラブストーリーです。

 

 

ドラマ『酔麗花~エターナル・ラブ~』ドラマ『鶴唳華亭(原題)』のジェン・イェチョンさんを主演に、ヒロインには、ドラマ『春花秋月~初恋は時をこえて~』に出演したチャオ・ルースーさんを迎え、

 

 

ドラマ「剣王朝〜乱世に舞う雪〜」に出演したリウ・イートン(劉怡潼)さん、ドラマ「天使的幸福」に出演したワン・モンリー(王萌黎)さんが名を連ねます。

 

脇を固めるイケメン達も多数出演!

 

参考元https://citicpressjapan.com/articles/detail/5611

 

それでは、中国ドラマ『三千鴉の恋歌』の感想は面白いのか、口コミ評判による評価を知りたい方はお見逃しなく!

中国ドラマ『三千鴉の恋歌』感想・評価は面白い?口コミ評判をチェック!

あらすじの感想

仙界にある香取山の主の一番弟子であり、仙界一の美男と言われる仙人の傅九雲(ふ・きゅううん)は、絵に描かれた女子を千年探し続け、人間界でようやく見つけ出します。

 

その彼女の名前は、驪国の皇女燕燕(えんえん)。

 

驪国の皇女・燕燕(えんえん/ジアン・イーイー)は、父母や兄、初恋の相手である宰相の息子・左紫辰(さ・ししん/リウ・イートン)らに愛され、幸せな日々を送っていました。

 

ところが、諸国を制圧し天原国が勢力を伸ばすと紫辰の父が寝返り、天原国の兵を都に招き入れ、燕燕の家族は殺害されてしまいます。

 

危機を逃れ、命拾いをした燕燕、実は、その時、彼女の命を密かに救ったのは「彼女を千年も前から待っていた」という仙界の美男・傅九雲(ふ・きゅううん/ジェン・イェチョン)だったのです。

 

というのも、九雲は人間界で公子斉(こうしせい)として過ごし彼女を見守っていたある日、燕燕の想い人の左紫辰(さ・ししん)の父、左相国が国を裏切り天原国の妖魔と手を組む姿を燕燕は目撃したことに気づいたからでした。

 

燕燕は都を出て、追手から逃れる途中、仙界の師匠に救われ「霊灯」という法器を灯せば天原国の兵である妖魔の霊力を封じることができると知るのです。

 

けれど、それは、命がけの策でした。

 

考えた末、その決行を誓った燕燕は、死んだ侍女・阿満(あまん/チャオ・ルースー)の顔を借り、「覃川(たん・せん)」と名前を変え、霊灯が隠されているという香取山に潜入します。

 

 

参考元https://citicpressjapan.com/articles/detail/5611
参考元https://love-drama.com/sanzen-garasu2/

 

なるほどね。

キャストの感想

趙露思さんにゾッコン!

声に惹かれる方も。

イケメン!

 

面白いの感想


続編希望!

 

好評!

オススメのドラマ!

 

面白くないの感想

 


つまらないというより、三千鴉の意味を知りたいとの声。

あるあるですね。

複雑な物語のようなので、視聴するなら覚悟がいるようです。

全30話というドラマですが、飽きずに最後まで楽しく見られるようですね。

 

中国ドラマ『三千鴉の恋歌』感想・評価まとめ

中国ドラマ『三千鴉の恋歌』の感想は面白い、面白くない・つまらないと言った感想・評価をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

 

イケメンで有名な主演のジェン・イェチョンさんとヒロイン・チャオ・ルースーさんの掛け合いに心揺さぶられること間違いなし!

 

ドロドロの仇討ちより、千年に渡る一途な愛を貫く姿が、多くの視聴者の心を掴みます。

 

そしてイケメンたちが多く登場するので、目の保養にもぴったりですね。

 

驪国の皇女燕燕(えんえん)を探し当てた仙人の傅九雲(ふ・きゅううん)とその出会い、カップルに、周囲の濃いキャラクターたちとの出会いも上手く融合しており、笑いあり涙あり、胸キュンありの最強“ファンタジーラブ史劇”と言えそうです!

 

まだ視聴されていない方はぜひ、チェックしてみてくださいね!

https://cdrama.biz/?page_id=6496

コメントを残す