中国ドラマ「泡沫の夏」感想は面白い?評価を口コミ評判でまとめてみた!

Pocket

中国ドラマ『泡沫の夏』の感想は面白いのかつまらないのか、視聴率・口コミ評判による評価をご紹介していきます!

中国ドラマ『泡沫の夏』は、台湾で2010年にピーター・ホーさん、バービィー・スーさん、ホァン・シャオミンさん主演でテレビドラマ化され大ヒットし、2018年に再びドラマ化された作品 です。

また、Weiboで約12億を超えるハッシュタグ閲覧数を記録し、検索ワードランキング1位を獲得した中国ドラマ『泡沫の夏』(2018)は、多くの視聴者を虜にしています。

中国ドラマ『泡沫の夏』、孤児である女子大生のチャン・シュエイン(張雪迎)さん演じる尹夏沫(イン・シャーモー)は、養父母の元で弟と暮らし、は御曹司のチン・ジュンジェさん演じる歐辰(オウ・チェン)と交際し、充実した毎日を送っていました。

しかし、彼女の家族に孤児のホァン・シェンチーさん演じる洛熙(ルビ:ルオ・シー)がやってきたことで生活は一変し、トライアングル・ラブへと話が発展していきます。

「次世代のチャン・ツィイー」との称され本作でもその実力を発揮したヒロイン・チャン・シュエイン さんを主演に

相手役には15歳で巨匠チャン・イーモウ監督作『王妃の紋章』に抜擢されて以来、数多くの時代劇に出演したチン・ジュンジエ さん、

可愛い外見の新人俳優ホァン・シェンチー が名を連ねます。

その恋愛、感動シーンが満載、何度ももらい泣きしてしまいます。

涙あり、感動あり・・・のラブストーリーも必見のラブドラマ。これは泣けます。

それでは、中国ドラマ『泡沫の夏』の感想は面白いのか、口コミ評判による評価を知りたい方はお見逃しなく!

中国ドラマ『泡沫の夏』感想・評価は面白い?口コミ評判をチェック!

あらすじの感想

弟と一緒に優しい養父母と暮らす大学生のシャーモー(チャン・シュエイン)は、大企業の御曹司オウ・チェン(チン・ジュンジエ)と交際し、充実した日々を過ごしていました。

そんな折、父の友人の息子であるルオ・シー(ホァン・シェンチー)がシャーモーの家に居候として一緒に住み、同じ大学に通うことになります。

シャーモーとルオ・シーが親しくなると、嫉妬に駆られたオウ・チェンは、会社の力を使いルオ・シーをシャーモーの家から追い出します。

その結果、ルオ・シーはイギリスへ、シャーモーはオウ・チェンに別れを告げます。

それから数年後、歌手になるため芸能事務所の練習生となったシャーモーの前に、人気俳優となって帰国したルオ・シーと、記憶を失ったオウ・チェンが再び現れます。

愛憎うずまくトライアングル・ラブストーリー。

その葛藤と波乱万丈なストーリーを描いています。

ジェットコースター級の展開で最後までラストが予想できません。

また、色鮮やかな映像美に圧倒されますので、

そういう目で見ても楽しい作品です。

多くの方が原作と比較して見ていますね。

すでにすっかりはまっています。

泡沫ロス、立ち直るのに時間がかかるようです。

ヒロイン・シャーモー役を演じた若手女優のチャン・シュエイン さん、

御曹司オウ・チェンを演じたチン・ジュンジエ さん、

腹黒さを見せるルオ・シーを演じたホァン・シェンチー さんの腹黒イケメンぶりにも注目です。

キャスト感想

 

やはり、可愛い顔したルオ・シーさんの性格にお怒りの方が多いですが、それも素晴らしい演技力を表していますね。

チャン・シュエインさんは、本当に綺麗との声が続出です。

ヒロインの演技が鼻につくと言いながら、なぜか最後まで視聴完走しているようです。

このドラマに期待大ですね。

面白いの感想

ところどころ納得いかないという声の一方で、どっぷり浸かって面白くなっていくようです。

見ている方もすっかりヒロイン気分で、どちらの男性も選べないというジレンマと戦っているようです。

謎解きもこのドラマの魅力のようです。

2010年に原作が放送され大ヒット、その再ドラマ化ということで視聴者の評価は高いです。

なので、禁断の三角関係を描いた作品で内容も濃く、

とても面白いと思いますがいかがでしょうか。

面白くないの感想

いやよいやよも好きのうち?のようですね。

面白くないというより『納得いかない』という不満の声ですね。

禁断の三角関係を描いた内容に評価が高いようです。

とにかく、もらい泣きする場面が多いようです。

中国長編ドラマ全36話の作品ですが、

禁断の愛であるがゆえに燃え上がる愛、

感動してため息をつくこと

間違いなしなのではないでしょうか。

終わり方に納得できない方が多いようですが、

長編ドラマでありながら、毎回楽しみに見られるドラマのようです。

中国ドラマ『泡沫の夏』感想・評価まとめ

中国ドラマ『泡沫の夏』の視聴率や視聴者の面白い・面白くない・つまらないと言った感想・評価をご紹介してきました

いかがだったでしょうか。

孤児である女子大生の尹夏沫(イン・シャーモー)は、

養父母の元で弟と暮らし、は御曹司の歐辰(オウ・チェン)と交際し、

充実した毎日を送っていました。

ところが洛熙(ルビ:ルオ・シー)が居候となり、

トライアングル・ラブへと話が発展していきます。

禁断の三角関係を描いた波瀾万丈のラブストーリー。

面白いです??涙なくしては見られない奥の深い物語でしたが、

最後まで飽きずに見られて、とても楽しめます。

コメントを残す