時をかける愛の感想は面白い?面白くない?口コミ評価をまとめてみた!

Pocket

この記事は、中国ドラマ『時をかける愛』の感想は面白い?面白くない?口コミ評価をまとめてみた!についてご紹介していきます。

 

中国ドラマ『時をかける愛(原題:想見你SomedayorOneDay)』は、1998年の台湾・台南で出会った高校生の男女と、2019年の台北で失踪した恋人を思う女性を軸に、同じ顔を持つ男女の謎と愛を描くラブミステリー、時空を超えるという盛りだくさんの青春ドラマ です。

 

ドラマ「モンガに散る」のアリス・クー(柯佳夷)さんがホァン・ユーシュエンと高校生のチェン・ユンルー役、ドラマ「アテンンションLOVE」に出演したグレッグ・ハン(許光漢)さんがワン・チュエンションと高校生のリー・ズーウェイを演じています。

 

そして、ドラマ「HIStory2《越界》」に出演したパトリック・シー(施柏宇)さん、ケニー・イェンさんもキャストも名を連ねます。

 

それでは、中国ドラマ『時をかける愛』の感想は面白いのか、口コミ評判による評価を知りたい方はお見逃しなく!

中国ドラマ『時をかける愛』感想・評価は面白い?口コミ評判をチェック!

 

あらすじの感想

アプリ開発の企業で働くキャリアウーマンのホァン・ユーシュエン(雨萱)には、2年前に飛行機事故で行方不明になった恋人、ワン・チュエンション(王詮勝)がおり、彼との再会を心待ちにしていました。

 

ホァンは、ワンのSNSを見て「ビッキー」という人物を発見し、「浮気?」と怪しみますが、彼女は プロポーズのコーディネーターで、ワンは、ホァンにプロポーズするつもりだったことを知ります。

 

その当時、ホァンは上海に転勤になり、ワンが「ついて行く」と話し、口論になったことが…。

 

ワンは 何よりもホァンのそばにいることを優先したかったのです。

 

ところが、プロポーズの日、計画が変更され、車の中に指輪が残されたままになってしまいます。

 

そう思い返すホァンは、ある日、同僚が開発した似た顔の人物を探し出せるアプリを使い、自分にうり二つの人物と彼にそっくりな男性が写っている写真を見つけ出すのです。

 

そんな折、彼らの事を調べようとするホァンは不思議な夢を見ます。

 

その舞台は、2019年台北ではなく、1998年台南でした。

 

そして、思いがけない出来事から過去にタイムスリップしていまうのです。

 

参考元https://natalie.mu/eiga/news/387620

おすすめ!

放送前から期待大!

気になりますよね。

 

 

キャストの感想

 

グレッグ・ハンサンが素敵!

グレッグ・ハンさんは17歳から30代まで演じた役なので、大変だったでしょうね。

とても演技力があるということですね。

 

面白いの感想

 

推薦!

かなりショッキング!

想像を絶するようです。

誰もが甘酸っぱい青春時代を思い出すのでしょうね。

面白くないの感想

 

つまらないというより、精神科医が気持ち悪いという声が多数ありました。

全26話というドラマですが、飽きずに最後まで楽しく見られるようですね。

 

中国ドラマ『時をかける愛』感想・評価まとめ

中国ドラマ『時をかける愛』の視聴率や視聴者の面白い、面白くない・つまらないと言った感想・評価をご紹介してきました。

 

いかがだったでしょうか。

 

グレッグ・ハンさん、アリス・クーさん、パトリック・シーさんが織り成す甘く切ない物語に胸キュン必至!

 

さらにイケメンたちが多く登場するので、目の保養にもぴったりですね。

 

眩しいすぎる青春時代と時を超えた感動的なストーリーが上手く融合しており、笑いあり涙あり、胸キュンありの最強“ドラマティック・ミステリードラマ”と言えそうです!

 

まだ視聴されていない方はぜひ、チェックしてみてくださいね!

https://cdrama.biz/?page_id=6496

コメントを残す