花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-感想は面白い?評価を口コミ評判でまとめてみた

Pocket

中国ドラマ『花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-』の感想は面白いのかつまらないのか、視聴率・口コミ評判による評価をご紹介していきます!

 

『花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-』は、イケメン貴公子たちと愛と信念を貫き流浪の身分から大商家を率いる若き女当主まで上り詰めるヒロインの波乱万丈なロマンスとサクセスストーリーを描いたラブ史劇です。

 

大人気小説を原作にしたロマンチックな世界観が人気を博し、同時間帯視聴率1位、総再生回数100億回超の大ヒットを記録しました。

 

流浪の身分から皇族の姫、そして大商家を率いる若き女当主まで出世するヒロイン花不棄(かふき)を演じるのは、約5年ぶりの主演作となる高視聴率女王アリエル・リン!

 

また、「シンデレラはオンライン中!」や「麗姫と始皇帝~月下の誓い~」で大ブレイクしたチャン・ビンビンが、正体を隠しながらヒロインを見守る二つの顔を持った王子・陳煜(ちんいく)を演じ、大きな話題を集めました。

 

それでは、中国ドラマ『花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-』の感想は面白いのか、口コミ評判による評価を知りたい方はお見逃しなく!

中国ドラマ『花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-』感想・評価は面白い?口コミ評判をチェック!

 

あらすじの感想

天下の覇権を得る鍵となる“聖女”を手にしようと権力者が躍起になっていた時代、花不棄(かふき)は自分の出自を知らずに、育ての親である九おじさんと世間から距離を置いてひっそりと暮らしていました。

 

ある日、病に苛まれ死期が近いと悟った九おじさんから、自分が誰なのか知りたければ都へいけと言われます。

 

しかし、突然襲ってきた刺客によっておじさんが殺されてしまい、花不棄は悲しみのどん底へ。

 

そんな彼女を助けたのは、仮面をつけた謎の男義侠・蓮衣客で・・・。

 

育ての親を失った花不棄に手を差し伸べ、どんなピンチの時もヒーローのよう現れてくれる優しい彼の正体は、皇族の王子・陳煜だったのです。

 

蓮衣客と陳煜が同一人物だとは知らない花不棄は蓮衣客に思いを寄せ、冷たく毒舌で接しながらも影から彼女を支える陳煜との恋がむず痒くて、焦ったい!

 

すれ違いばかりの2人の二転三転もしていく恋の行方に目が離せません!

 

キャストの感想

“高視聴率女王”と呼ばれるアリエル・リンの透明度の高い美しさと演技力は、約5年ぶりの主演作でも全く劣っていないようですね。

 

信念があり芯が強い女性でありながら、愛嬌たっぷりでイケメンたちが惹かれてしまうのも納得のヒロインです。

 

また、アリエル・リンと惹かれ合うチャン・ビンビンは、彼女の11歳年下とは思えないほど落ち着いた魅力を見せ、抜群のケミを発揮!

 

冷たい毒舌王子と静かに影から見守る騎士という真逆の顔を見事に演じ分けていて、そのギャップにやられること間違いなしです!

 

チャン・ビンビンの他にもヒロインを巡る恋のバトルを繰り広げていくイケメン俳優が多数出演しており、目の保養になりますよ。

 

 

 

面白い感想

 

 

 

中国時代劇というと難しいイメージがありますが、この作品はコミカルな掛け合いなども多く、少女漫画的展開や軽さで、若者からも高い人気を得ています。

 

ヒロインのサクセスストーリーに加えて、皇族の王子との恋に加えて、男性よりもかっこいい男装女子などバリエーションに富んだイケメンたちとのロマンスなど見所満載ですよ!

 

面白くない感想

面白くないという口コミは見つかりませんでした。

 

最終回の感想

ラストの展開については、今一つという声が多いようです。

主要キャストが多く亡くなるなど、なぜ?と思う展開もあり消化不良だったという声も。

 

中国ドラマ『花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-』感想・評価まとめ

 

中国ドラマ『花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-』の視聴率や視聴者の面白い、

面白くない・つまらないと言った感想・評価をご紹介してきました。

 

いかがだったでしょうか。

 

愛嬌のあるキュートなヒロイン花不棄とピンチを救ってくれるヒーロー陳煌のロマンスは、ドキドキしながらも心温まります。

 

さらにヒロインを愛して守る華やかなイケメンたちが多く登場するので、目の保養にもぴったりですね。

 

時代劇の壮大さと現代ラブコメのワクワク感と楽しさが上手く融合しており、笑いあり涙あり、胸キュンありの最強“ドラマティック・ラブ史劇”と言えそうです!

まだ視聴されていない方はぜひ、チェックしてみてくださいね!