月に咲く花の如く感想は面白い?評価を口コミ評判でまとめてみた

Pocket

中国ドラマ『月に咲く花の如く』の感想は面白いのかつまらないのか、視聴率・口コミ評判による評価をご紹介していきます!

『月に咲く花の如く』は、貧しい娘から大豪商へと登りつめた実在する女性の生涯を描いた大ヒットラブ史劇です。

 

大ヒット作「ミーユエ 王朝を照らす月」」のスン・リーを主演に

相手役には「三国志 ThreeKingdoms」のピーター・ホー、「後宮の涙」のチャン・シャオが名を連ねます。

 

68億円もの総製作費をかけた超大作で、アワード12冠獲得、2017年中国時代劇ドラマ視聴率No.1を記録しただけでなく、大手配信サイトでは、総視視聴回数136億回を超える大ヒット作です!

 

それでは、中国ドラマ『月に咲く花の如く』の感想は面白いのか、口コミ評判による評価を知りたい方はお見逃しなく!

中国ドラマ『月に咲く花の如く』感想・評価は面白い?口コミ評判をチェック!

 

あらすじの感想

『月に咲く花の如く』は、実在した女性をモデルにフィクションのラブロマンスを織り交ぜた愛と人生の物語です。

大道芸人の養父と各地を回りながら暮らしていた周瑩(しゅうえい)は、自由気ままに生きていました。

身売り金をせしめるため、沈(しん)家に奉公に出た周瑩は、問題児の次男・沈星移(しんせいい)に気に入られてしまい側室に指名されてしまうのでした。

そこで、こっそりと逃げることにした周瑩は、来客の輿を見つけて入り込み隠れていると、沈家を訪問していた商家・呉(ご)家東院の若旦那・呉聘(ごへい)が乗り込んできて…。

 

清朝末期を舞台に、養父と大道芸や詐欺を働きながら自由奔放に生きてきたヒロイン・周瑩は、真っ直ぐな性格とその自由さで皆から慕われ、男たちを虜にしていきます。

 

口コミでは、大河ドラマにミステリー要素を入れた感じと評している方や、中国ドラマ特有の吹き替えもなく、本人たちの声を使用しており違和感なく視聴できると好評のようです!

 

 

キャストの感想

自由奔放で誰にも媚びず、何事にも真っ直ぐなヒロイン・周瑩に周りの男性たちは虜になるのですが、視聴者も彼女のキャラにハマってしまうほど魅力的なようですね!

 

そんな周瑩を演じたスン・リーの演技も好評のようで、嗚咽が出るほど涙したという声も!

 

また、周瑩の夫である呉聘を演じたピーター・ホーや呉家東院の商売的である沈家の問題児・沈星移(しんせいい)を演じたチェン・シャオなど、魅力的な男性キャストも揃っていますよ!

 

日本人には、馴染みがない辮髪姿が全く気にならないほど魅力的!との声もありました。

 

 

 

面白い感想

 

 

 

近年で一番面白い中国ドラマと言う声もあり、日本での評価も上々のようです。

 

激動の時代を懸命に生きたヒロインと対象的な二人のイケメンとの切ないロマンスにミステリー要素もあり、見飽きることなく楽しめます。

 

CGを使うことなく町並みを完全に再現したセットは、とても迫力と美しさがあり、その時代の衣装やメイクなども鮮やかで綺麗と好評のようです。

 

面白くない感想

面白くないという口コミは見つかりませんでした。

最終回の感想

最終回は、ドキドキハラハラな展開もありつつ涙なしでは見ることができない回のようです。

一回目に最後まで視聴したときはしっくりこなかったラストが、二回目の視聴ではとてもいい最後だったという声もあり、何度見ても楽しめそうですね。

 

中国ドラマ『月に咲く花の如く』感想・評価まとめ

 

中国ドラマ『月に咲く花の如く』の視聴率や視聴者の面白い、

面白くない・つまらないと言った感想・評価をご紹介してきました。

 

いかがだったでしょうか。

 

人気女優スン・リーと今作で再ブレークを果たしたピーター・ホー、美形演技派俳優チェン・シャオを始めとするキャスト陣の演技も素晴らしく、セットや衣装、音楽、そしてストーリーまで全てひっくるめて素晴らしいという声が多くありましたね。

 

ヒロインやヒロインを取り囲む男性たちひとりひとりのキャラクターもリアルで素晴らしく、ハマる方が多いのも頷けます。

 

視聴率No.1に加えて、131億回を超える総視聴回数を記録した、制作費68億円をかけた超大作ドラマで、中国で社会現象を巻き起きした『月に咲く花の如く』

まだ視聴されていない方はぜひ、チェックしてみてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です