花散る宮廷の女たち最終話の感想は?見逃し動画を日本語字幕で無料視聴する方法をご紹介!

Pocket

この記事では、中国ドラマ『花散る宮廷の女たち~愛と裏切りの生涯~』ねん・しゅえんの最後はどうなる?最終回の動画を日本語字幕で無料視聴する方法をご紹介!について紹介していきます。

「花散る宮廷の女たち~愛と裏切りの生涯~」は、大清一の才女である年遐媛(ねん・しゅえん)と、皇太子胤ジョウ(いんじょう)、胤シン(いんしん)の三人による愛と憎しみのドラマです

1週間で驚異の15億超えの再生回数を誇る作品です。

司会者として活躍する李莎旻子(レオ・リ)さんを主演に迎え、相手役には、鄭拓疆(チェン・トゥオジャン)さん、台湾出身の廖彦龍(リャオ・イェンロン)さんなど、個性的なキャストが共演しています。

中国ドラマ『花散る宮廷の女たち~愛と裏切りの生涯~』のことを知りたい方はお見逃しなく!

\\\Youtubeチャンネル解説しました!!!///

 

 

\\\中国やタイドラマを動画でご紹介!///

中国ドラマ『花散る宮廷の女たち~愛と裏切りの生涯~』最終話はどうなる?

陰連の死を知った南秀元は、寧秀の助けを借りて宮殿から逃げ出した。

意識を取り戻した南舜元は、永正が李昆宮に彼女を見舞いに行く。

皇帝が到着したと聞いて緊張していた南秀元だったが、永正が宮殿を出たと聞いてようやく安堵する。

宮殿の内部では、仁安秀耀が去った後、文仙姫は生きる意味を失い、赤い壁と瓦の中の人々の罪を償うために残りの人生を費やすことを厭わず、尼僧となっています。

皇太后が到着するが、文仙姫を止めることができない。

次兄を訪ねるために仙府宮に到着した南秀元は、待ち受けていた小林と出会う。

小林は南秀元に、永正がすでに死刑を宣告していたこと、死んだ日には足が不自由になっていたことを告げる。

年姝媛は耳を疑うように、小林は白のダマスクと自分の血が書かれた同心円状のロックリングを彼女に渡す。

死ぬ前に、来世で年姝媛と出会った時には、庶民の家に生まれて最期まで彼女と一緒にいられるようにと祈る。

年姝媛はショックを受けて発狂しそうになり、再び気を失う。

深夜、兄の血を引いた手紙が書かれた白い絹を手にした南秀元は、兄との再会を想像する。

年姝媛はまだ真実を信じようとせず、彼を探しています。

雍正は李昆公の門に来ますが、入る勇気がなく、代わりに昆公に行かなければなりませんでした。

一方、誰もいない部屋に一人で泊まっている寧秀は、皇帝が昆明宮にやってくると聞いて大喜びし、すぐさま皇室の厨房に、夜の食事をすべて皇帝の好物に変えて、皇帝を迎えるために身を清めるように命じます。

皇帝と寧秀は昆明宮で一泊した後、一緒に夕食をとる。

翌朝早く、寧秀が昨日皇帝からもらった琥珀を眺めていると、南秀元が彼女に敬意を表しに来ます。

年姝媛は宮殿からの脱出を手伝ってほしいと頼むが、年姝媛は嫌味を言って消極的になってしまう。 二度と宮殿には戻らないと約束した南秀元だが、南秀元は感心しているようだ。

夕方、皇帝は昆寧宮へのルートを変更し、南秀元を大相国寺に連れて行き、焼香して菊の節句に幸運を祈りたいと言います。

皇太后は寧秀と南秀元を大相国寺に連れてきて焼香し、菊の節句に幸運を祈った。

焼香をした後、皇太后は師匠に講釈をしたいと思っていたので、寧秀に南水源と一緒に歩いてもらうように頼み、一時間後に一緒に山を出ることにしました。

寧秀は南秀元を山の奥まで連れて行き、用意していた荷物を渡し、山の麓で待つ馬車を手配した。 年姝媛と年姝は意見の相違を凍結した後、年姝媛は去っていく。

約束通り揚州に連れて行く代わりに、馬車の運転手は年姝媛と夫を北京郊外の何もないところに置き去りにしてしまう。

南秀元は、出口がないので、山の中に入って僧院や仏閣を見た方がいいと思った。

二人は寺への道を見つけ、目の前で餓死した乞食の小林子と出会う。 年姝媛は寺に助けを求めに行ったが、僧侶の年姝媛によって扉が開かれ、年姝媛は気絶してしまった。

意識を取り戻した年姝媛は、年姝媛が小林に埋葬されていることを知り、年姝媛が父と妻を亡くして家族も愛着もないことを知る。

運命に翻弄されたとため息をつく年姝媛は、宮殿や愛する人たちを皆殺しにした男から必死に逃げようとしてきたのに、なぜ敵の子供を妊娠しているのかと不思議に思う。

年姝媛は南秀元に子供を預かるようにアドバイスしたが、南秀元は「なぜ年姝媛は何年も前に結婚に来なかったのか」

「年姝媛がもっと勇気を持っていたら、すべてが違っていただろう」と疑問を呈した。 年姝媛静雄テは、すべてを手放すように南秀元に進言した。

その数ヶ月後、南水源は僧院で男児を出産した。 僧院を訪れた羅相老師は、赤ん坊の異常な高貴さを見て、後に乾隆帝となる愛新覚羅洪里と名づけた。

この時、宮殿の中で、雍正虽が、計画の年後に、兄弟を除いて、最終的に玉座に座ったが、また、孤独になる皇帝であることの運命を逃れることができないが、これは彼が望んでいたものですか?

中国ドラマ『花散る宮廷の女たち~愛と裏切りの生涯~』最終話の感想は?

ドラマ自体、あまり評判はよくありませんでしたが、最終回は泣き笑うラストのようでした。

ヒロインは、好きな相手と結ばれず、嫁いだ第四皇子が皇帝になり、陛下に兄と好きな相手を殺され、後宮から逃げた後で妊娠が発覚して「あの人から逃げられない」ことを理解しているようすで。

年羹堯も温憲選んでいたら幸せになれたような気がするとの口コミも!

優しかった凝秀が変わってしまって残念との口コミもありました。

でも姝媛との別れの時は最初の頃の凝秀に戻れてよかったですね。

それから、まさか納蘭性徳が僧侶になっていたなんて、以外な展開でしたね。

ねん・しゅえん役のキャストは誰?

ねん・しゅえん役を演じているのは、女優のレオ・リー(李莎旻子)さんです。

プロフィール

  • 名前:李莎旻子
  • 生年月日:1993年07月27日
  • 年齢:27歳
  • 出身地:中華人民共和国 湖南省長沙市
  • 身長:168cm
  • 学歴:武漢大学メディア学科

出演番組

  • 2018年「花散る宮廷の女たち~愛と裏切りの生涯~」
  • 2019年「親・愛的味道」

レオ・リー(李莎旻子)さんは、5歳のときからピアノ、声楽、演劇、ダンス、そして琵琶の演奏もできたようです。

演劇の才能もあり、2000年の時には全国的な賞も獲得する実力の持ち主。

アナウンサーになりたいという夢を持ちますが、父親に強烈に反対されるも、武漢大学メディア学科に入学、在学中に地元メディアである、湖北テレビでのMCを務めはじめ、芸能界入りしています。

また、歌手としても活躍しています。

中国ドラマ『花散る宮廷の女たち~愛と裏切りの生涯~』では、才女である、ねん・しゅえんを熱演しています。

 

ねん・しゅえん役のキャストは結婚してる?

現在のところ、レオ・リーさんは、独身 です。

お付き合いされている男性がいるとの噂もないようです。

『花散る宮廷の女たち~愛と裏切りの生涯~』の動画を日本語字幕で無料視聴する方法


中国ドラマは、放送終了後にBlu-ray&DVDがリリースされることがよくありますよね。

どうせなら『無料でみたい』という方も少なくないはず。

では、『花散る宮廷の女たち~愛と裏切りの生涯~』のような中国ドラマの動画を日本語字幕で無料視聴するには…

中国ドラマならほぼ何でも揃っているU-NEXT(ユーネクスト)いう動画配信サービスの利用をおすすめします!

U-NEXTでは『花散る宮廷の女たち~愛と裏切りの生涯~』以外にも人気となった

  • シンデレラの法則
  • 花散る宮廷の女たち~愛と裏切りの生涯~
  • ミーユエ
  • 独孤伽羅
  • イタズラな恋愛白書
  • 美男ですね

など、最新~過去の名作までもっと様々な中国ドラマが無料で視聴できるんですよ♪

また、U-NEXTでは、今なら31日間無料トライアルを実施しています。

31日間もあれば、中国ドラマを完全無料で一気見することもできますね。

⇒ 全話無料視聴する

私も無料期間中に登録して、31日以内に解約したのですがお金は一切かかりませんでした。

中国ドラマ以外にも国内ドラマや海外ドラマ、雑誌やアニメなど全部見放題でしたよ!

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わってしまうのかは私にもわからないので、この機会に無料登録することをおすすめします。

最近無料で見れる動画サイトを良く目にしますが、完全に違法です。

  • Dallymotion(デイリーモーション)
  • miomio
  • Pandora(パンドラ)

といった名前を聞いたことがあるかもしれません。

これらのサイトは動画が無料でダウンロードできるのですが、こういったサイトの動画は著作権違反で違法動画です。

このような違法サイトから動画をダウンロードして動画を見ること自体も犯罪になってしまうんです。

しかも、あなたのパソコン(ローカル上)にダウンロードした動画を保存しておくことも、ウィルスが感染する可能性がある非常に危険な行為です。

その違法サイトはもちろんのこと、違法動画を見る方にも責任を問われることがあるので、安全で安心な方法で視聴することをおすすめします!!

>>【無料】U-NEXTはこちら

 

まとめ

今回は、中国ドラマ『花散る宮廷の女たち~愛と裏切りの生涯~』の最終回のあらすじを紹介しました。

いかがだったでしょうか。

胤―を思い起こすねん・しゅえん、

回想シーンは、涙なくして見られません。

とにかく、泣けた最終回でした。

 

https://cdrama.biz/?page_id=6496