中国ドラマ王女未央感想は面白い?評価を口コミ評判でまとめてみた

Pocket

中国ドラマ『王女未央』の感想は面白いのかつまらないのか、動画再生回数・口コミ評判による評価をご紹介していきます。

中国ドラマ『王女未央』は

中国の南北朝時代に唯一生き残った公主・馮心児が主人公の

その家族と名前を奪われた亡国涼の王女の愛と復讐の物語です。

実在した北魏の文成文明皇后がモデルということもあり

中国国民から支持された話題作です。

2016年動画再生回数230億回を突破。

なんと言っても、このドラマの見どころは、

馮心児(李未央)を演じるティファニー・タンさん、

優しき皇子拓跋濬(高陽王)演じるルオ・ジンさん、

皇帝の座をねらう拓跋余(南安王)を演じるヴァネス・ウーさんの

三角関係の演技に注目です。

家族との別れ、

未央になりすまし魏に入り込み復讐する機会をねらう馮心児、

その恋愛、感動シーンが満載、何度ももらい泣きしてしまいます。

涙あり、感動あり・・・のラブストーリーも必見の歴史ドラマ。これは泣けます。

見終わった後に、馮心児・未央ラブストーリーに感動し、とてもいい作品だったと思えるドラマです。

それでは、中国ドラマ『王女未央』の感想は面白いのか面白くないのか、口コミ評判による評価を知りたい方はお見逃しなく!

中国ドラマ『王女未央』感想・評価は面白い?口コミ評判をチェック!

あらすじの感想

愛情の深さを感じます。

すごい方だったようですね。

とにかく、面白くて夢中になるドラマなんです。

キャストの感想

馮心児(李未央)を演じるティファニー・タンさん、優しき皇子拓跋濬(高陽王)演じるルオ・ジンさんは、この共演をきっかけに結婚されています。

ティファニー・タンさん、ルオ・ジンさんの演技に注目です。

そのことを踏まえて見るとなお、楽しめますね。

このラブラブっぷりは演技ではなかったのでは?

と思ってしまいますね。

とても細かい演技を評価して

いらっしゃいます。

男泣きですね。

ヴァネス・ウーさんの泣ける演技に注目です。

李家の養子李敏徳を演じるリャン・ジェンルンさんの演技にも注目です。

面白い感想

本当のラブストーリーになったことで

思い入れも強いようです。

大絶賛です!

中国では、2016年動画再生回数230億回という数字をたたき出し、視聴者からの評価は高いです。

なので、動画再生回数が表す通り、実際とても面白い内容だと思いますがいかがでしょうか。

面白くない・つまらないの感想


ドラマ『王女未央』について面白くない・

つまらいなどの感想は見当たりません。

ただ、演出が変わったというツイートが

ありますね。

違和感を感じているようです。

最終回の感想

愛する拓跋濬を失って漏らした言葉が

胸を打つようです。

悲しいラストであるにも関わらず、

納得のゆく終わり方だったようです。

良かったシーンを

回想されています。

お二人の美しさが際立つラストなんですね。

全54話も一気に見られるドラマのようです。

中国ドラマ『王女未央』感想・評価まとめ

中国ドラマ『王女未央』の動画再生回数や視聴者の面白い、面白くない・つまらないの感想と言った感想・評価をご紹介してきました。いかがだったでしょうか。

動画再生回数が示すように実際のドラマの内容に、評価が高いです。とにかく、泣ける場面が多いようです。

馮心児(李未央)を演じるティファニー・タンさん、優しき皇子拓跋濬(高陽王)演じるルオ・ジンさん、皇帝の座をねらう拓跋余(南安王)演じるヴァネス・ウーさんの三角関係の演技に注目です。

また、ファションや当時の流行も忠実に再現されていますので、そういう目で見ても楽しい作品です。

中国ドラマ全54話の作品ですが、長すぎずラストも腑に落ちる内容で、この未央の人生の余韻に浸りたい気分になるのではないでしょうか。

家族を殺され国を奪われ、復讐に燃える未央、

本来は、復讐しても何もならない、

ただ悲しみや苦しみが深くなるだけ

面白いです??情熱的な愛情にほっこりするところあり、泣けるところあり、美しいだけではない内容ですが、見る者を夢中にさせる物語でした。

史実に基づく実話を脚色し、これぞ中国の歴史ドラマと感じさせる

美しくも残酷なストーリーには、豪華キャストの魂が込められています。

最後まで良い意味で展開が読めず楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です