トルコ版マザーの感想は面白い?評価・口コミを調査!視聴率はどうだった?

Pocket

この記事では、トルコ版マザーの感想は面白い?評価・口コミを調査!視聴率はどうだった?についてご紹介していきます。

 

トルコ版Motherは、母に捨てられた女性教師と、虐待され傷ついた幼い子供―ふたりの悲しき逃避行が始まる、現代に生きるすべての女性に捧げる、衝撃の社会派サスペンスドラマです。

放送時間が、昼食後の昼時ということ

もあり、日本でも中高年の女性を中心に、大ヒットしていますね。

坂元裕二脚本のひとつ、『Mother』(日本テレビ)のリメイク版としても有名です。

日本版ドラマの評価はかなり高かったですが、トルコ版はどうなのでしょうか?

それでは、トルコ版マザーの感想は面白い?評価・口コミを調査!視聴率はどうだった?についてご紹介していきますので、お見逃しなく!

面白い・ハマりそうの感想

全体的には、面白いという感想が多かった気がします。

生活習慣や社会情勢が違うので、そこに違和感を覚える方も多いようですね。

トルコ中が泣いたと言うが、まだ泣いたことがない、43回視聴後感想です。との口コミも、ちなみに私もまだ泣いてませんよ。

箸がフォークに替わるといったアレンジはよくあるが、違和感なくローカリゼーションする演出が必要な場合は腕の見せ所だと思います。

第1話は「赤ちゃんポストのシーンは、日本では考えられず、非難殺到だと思われますが、少女が救いを求める心情をトルコ風にうまく表現されていたので驚きでした。

国によって放送規制の事情も異なる。トルコの場合は「ドラマリテラシーが高い」と言われており、虐待シーンで少女がゴミ袋に閉じ込められる描写はそのまま使われていたが、これがNGになる国もあるらしいでしょ。

面白くない・つまらないの感想

面白くない・つまらないの感想は見受けられませんでした。

 

あらすじの感想

自分の子供をジェンギス(夫)に連れ去られて、憎い相手の家にのこのこやってきてトイレにばかり行く女についての、辛口のコメントもありました。

韓国中国ドラマばかりを見てきた私ですが、トルコのドラマの女性陣も憎たらしさ100%の演技で、見ていて思わず『あいつ~』と思ってしまいます。

大概、そういったポジションの役の人は、少しずつ跳ね返りを受けるパターンを予想しますが、実際のドラマではどうなのでしょうか。

ジェンギスさんの煮え切らない行動にも、非難の口コミがでていますね。

毎回、産みの母親が怒鳴り散らすのと、保護しようと愛情を注ぐ主人公女性の攻防の繰り返しとの口コミも。欧米系ドラマで多い、母親の攻防シーンは、日本にはなくて斬新だなと思います。

トルコってイスラム教だけどかなり西洋化されていて、日本よりシステム化されちゃんとしてる所もあるなーと感慨深かったし、興味深かったとの口コミも。トルコは、イスラムとキリストが交わる国ということもあり、仏教一色の日本とは、生活習慣の雰囲気が少し違います。

この点は、新しい雰囲気を味わえて、個人的は見ていて楽しいなと感じますね。

リメイクによって日本のドラマも海外にも共感を広げることができるのか?が注目のポイントだったようです。

リメイクドラマは現地の文化や慣習などに合わせてアレンジする「ローカリゼーション」も必要になるらしいので、このあたりは監督の腕の見せ所ではないでしょうか。

キャストの感想

視聴率はどうだった?

トルコ国内で初回から最終回まで最高視聴率を記録しています。

トルコのサイトをいくつか調査しましたが、詳細な視聴率の記載はありませんでした。

視聴率の詳細は分かり次第、報告します。

まとめ

今回は、トルコ版マザーの感想は面白い?評価・口コミを調査!視聴率はどうだった?についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

泣けるか泣けないかは、最後まで視聴しないと分からないようですね。

日本とトルコの社会情勢や生活習慣の違いが、存分に感じられるドラマだと思います。

児童虐待と夫婦愛を描くドラマでもあり、心に訴えかけられるものが多いドラマだと思います。

全話80話か~と少し滅入ってしまいますが、最後までしっかり視聴したいと思います。

日本版や韓国版も視聴してみたいですね~!