孤高の花の原作小説に日本語訳はあるの?本を楽天で探してみた

Pocket

この記事では、ドラマ「孤高の花」の原作小説、日本語訳を楽天で検索などについて紹介していきます。

ドラマ「孤高の花」の原作は、文章の美しさが評判で、楚北捷と娉婷の出会いから

5年間の内容が濃く、恋愛模様が詳しく描かれています。

この記事では、ドラマ「孤高の花」の原作小説「孤芳不自賞」について注目し、

その内容を解剖していきますので、お見逃しなく!

孤高の花の原作とは?名前は

ここでは、ドラマ「孤高の花」の原作小説に注目して紹介していきます。

まずは、ドラマ「孤高の花」の原作小説の名前は、

「孤芳不自賞」です。作者は、「風弄」さんです。

中国語の意味「孤芳自賞」を直訳すると孤高の士、お高くとまっている、

となるようです。

それを「不自賞」と否定しているので、

「孤高の士をきどらない」になるのでしょうか?

こちらの記事

http://japan.visitbeijing.com.cn/a1/a-XCWFTYC9901E5642920D73

では、「孤芳不自賞」の歌詞があります。

訳では、「うぬぼれない愛」となっていますね。

また、中国語が得意な方がこの原作小説の訳に挑戦されている

ツイートがありました。

これは、大変ですね。

表紙はこちらのツイートにあります。

とても読み応えがありそうです。

原作とドラマはどう違うの?

原作とドラマには、ある程度違いがあるようです。

まず、登場人物が異なります。

ドラマでは存在感のある人たちが出てこないのは、

かなり、違和感を感じるでしょうが、

そのようなことが気にならない程面白いそうです。

ヒロインの娉婷は、ドラマでアンジェラベイビーさんが

演じているように誰もが一目見れば、美女だと認める

ところ、小説の方では、最初の頃の彼女は、

琴が上手で容貌は普通と書かれているのです。

これは、ドラマとはかなり違いますね。

ただ、その瞳で人を魅了すると書かれています。

そして、

どうもヒロインの娉婷は、運命の相手・楚北捷に対して、

強気で傲慢な態度をとっているらしいのです。

それが、題名にも関係しているのでしょうか?

逆に「お高くとまっている」ようですが・・・

この二人が恋に落ち、言葉を交わすようになると、

愛情表現が詩のようにとても美しくなっていくのですが、

このギャップがまた読者の心を掴んでいる感じがしますね。

参考元https://blogs.yahoo.co.jp/rickmick9699/38682622.html

では、原作小説に日本語訳があるのでしょうか?

孤高の花の原作小説に日本語訳はあるのか?

原作小説は、全2巻で、648ページですが、

残念ながら、日本語に訳された本は

ないようです。

ツイートで訳されているように、詩のように

美しい表現ですね。

孤高の花の原作小説本を楽天で探してみた

楽天で原作本を検索したところ、次の通り

ヒットしました。

孤芳不自賞

構成: 小説(全2巻セット)
ページ数: 648ページ
作者: 風弄
出版社: 百花洲文藝出版社
言語: 中国語(簡体字)
発売国: 中国
発売日: 2017年1月

お取り寄せで、1週間から3週間

時間がかかるようですが、

購入可能です。

中国語に自信のある方には、

おすすめです。

孤高の花の原作小説本価格は?

原作小説の価格は、4,100円

それなりのお値段ですね。

まったく中国語が分からない方には、

かなりハードルが高いです!!

その内日本語訳が発売されるといいですね。

まとめ

ドラマ「孤高の花」の原作小説「孤芳不自賞」の内容などご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

中国語に自信のある方は、原作小説とドラマとの

違いを楽しめますね。

ドラマ「孤高の花」の原作小説「孤芳不自賞」を読んで

より一層ドラマを面白く感じることができると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です