運命の桃花の出演キャスト・登場人物詳細と相関図を画像付きでご紹介!

Pocket

中国ドラマ『運命の桃花~宸汐縁~』の出演キャスト・登場人物詳細と相関図を画像付きでご紹介!について紹介していきます。

 

中国『運命の桃花~宸汐縁~(原題:宸汐缘)』は、神様や仙人たちが住む天界と人間界を行き来しながら進行する宿命を描いた甘く切ないラブファンタジー史劇です。

 

 

映画『グリーン・デスティニー』、映画『レッドクリフ』に出演した台湾の実力派俳優チャン・チェンさんを主演に、ヒロインには、映画『雪暴 白頭山の死闘』でも共演したニー・ニーさんを迎え、

 

 

ドラマ「宮廷の諍い女」に出演したリー・トンシュエさん、ドラマ「名家の恋衣」に出演したチャン・ジーシーさん、ドラマ「初遇在光年之外」に出演したリー・ジアミンさんが名を連ねます。

 

脇を固めるイケメン達も多数出演!

 

また、中国ドラマ『運命の桃花~宸汐縁~(原題:宸汐缘)』は、中国でのアワード、「第4回金骨朶網絡影視盛典」では、今年の優秀作品賞を、「2020年愛奇芸尖叫之夜」で最優秀ドラマ男優賞・最優秀ドラマ女優賞を受賞し、名実ともに今の中国時代劇を代表する1本となっています。

 

参考元https://blog.netabare-arasuji.net/entry/unmeinomomoka/
参考元https://www.cinemart.co.jp/article/news/20210224003914.html
参考元https://www.cinemart.co.jp/dc/c/lovedestiny.html

 

それでは、中国ラマ『運命の桃花~宸汐縁~』の出演キャスト・登場人物詳細と相関図を画像付きでご紹介!について知りたい方はお見逃しなく!

\\\Youtubeチャンネル解説しました!!!///

 

 

\\\中国やタイドラマを動画でご紹介!///

中国ドラマ『運命の桃花~宸汐縁~』出演キャスト・登場人物相関図

参考元https://blog.netabare-arasuji.net/entry/unmeinomomoka/

 

チャン・チェンさん、ニー・ニーさんを中心に物語りが進みます。

相関図で整理しながら、続いてはキャストの紹介をしていきます。

 

中国ドラマ『運命の桃花~宸汐縁~』出演キャスト・登場人物

 

チャン・チェン⇒九宸 (きゅうしん)役

プロフィール

  • 名前:チャン・チェン(張震)
  • 生年月日:1976年 10月 14日
  • 出身地:台湾

 

チャン・チェンさんがこれまでに出演した映画を紹介しますね。

映画

  • 「牯嶺街少年殺人事件」
  • 「 サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋 」
  • 「レッドクリフ PartI 」
  • 「Mr.Long/ミスター・ロン 」
  • 「DUNE/デューン 砂の惑星」

 

チャン・チェンさんは、1991年、映画『牯嶺街少年殺人事件』でデビューしますが、学業に専念するため俳優業を休み、一旦復帰するも映画『ブエノスアイレス』の撮影後は兵役のため再び芸能界を離れています。

 

除隊後、アジアの人気監督の作品に出演し、キャリアを積み、2014年には、3人の監督によるオムニバス映画『三生』で監督に初挑戦し、続いて短編映画『尺蠖(尺取り虫)』をメイデイの石頭主演で監督しています。

 

中国ドラマ『運命の桃花~宸汐縁~』では、天族の戦神、5万年前、魔君との戦いで魔君を封印した後、長生海の氷の宮殿で眠りから冷める九宸役を熱演してます。

 

まだ情報があまりないようですが、今注目の俳優の一人であることは、間違いありません。

参考元https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B5%E9%9C%87_(%E4%BF%B3%E5%84%AA)

 

 

ニーニー⇒霊汐(れいせき)役

プロフィール

  • 名前:ニーニー(倪妮))
  • 生年月日:1988年8月8日
  • 出身地:中華人民共和国 南京市

 

シン・フェイさんがこれまでに出演したドラマを紹介しますね。

ドラマ

  • 「ブライダル・ウォーズ」
  • 「悟空伝」
  • 「鳳凰の飛翔 (原題:天盛長歌)」
  • 「三生三世宸汐緣」
  • 「運命の桃花〜宸汐縁〜」

 

ニー・ニーさんは、2011年の映画「ザ・フラワーズ・オブ・ウォー」で、ニーニーさんは一般からヒロインに抜擢され、女優デビューしています。

 

2013年には今年中国で最もブレイクした女優として注目を集めており、雑誌のカバーを計30回も飾り、ニーニーさんは「中国若手4大女優」の1人にも選ばれています。

 

中国ドラマ『運命の桃花~宸汐縁~』では、丹鳥族で、父親の医仙・楽伯(らくはく)から外界への外出禁止をうけ、長い間、桃林で育った箱入り娘の霊汐役に抜擢されています。

 

まだ情報があまりないようですが、今注目の俳優の一人であることは、間違いありません。

参考元https://haryu-korea.net/ni-ni

 

 

リー・トンシュエ⇒景休(けいきゅう)役

プロフィール

  • 名前:リー・トンシュエ(李東学)
  • 生年月日:1982年11月27日
  • 出身地:中華人民共和国

 

リー・トンシュエさんがこれまでに出演したドラマを紹介しますね。

ドラマ

  • 「後宮甄嬛傳」
  • 「書劍恩仇錄」
  • 「辛亥革命」
  • 「少年楊家將」
  • 「绣春刀」

 

リー・トンシュエさんは、2007年、テレビシリーズ「大秦直道」でデビューし、芸能界いり、2008年、ドラマ「若き楊家の将軍」に主演し、2009年には映画「秘密諜報員リンリン・ドッグ」に出演しています。

 

2011年、ドラマ「鎮遠の伝説」に出演、この作品で2012年国家ドラマ賞の最優秀新人男優賞を受賞し、 2012年には、映画「Xu Haifeng's Gun」に主演し、この作品で第14回中国映画舞台芸術協会賞の新人賞を受賞し、その後数々の作品に出演しています。

 

中国ドラマ『運命の桃花~宸汐縁~』では、玄鳥族の国師として国主の翎月(れいげつ)に仕え、翎月(れいげつ)の娘・宝青(ほうせい)から想いを寄せられる景休(けいきゅう)役を好演しています。

 

まだ情報があまりないようですが、今注目の俳優の一人であることは、間違いありません。

参考元https://baike.baidu.com/item/%E6%9D%8E%E4%B8%9C%E5%AD%A6

 

 

チャン・ジーシー⇒青瑶(せいよう)役

プロフィール

  • 名前:チャン・ジーシー(張芷溪)
  • 生年月日:1987年10月17日
  • 出身地:中華人民共和国 甘粛省隴南市文県
  • 出身校:北京電影学院

 

チャン・ジーシーさんがこれまでに出演した作品を紹介しますね。

ドラマ

  • 「名家の恋衣」
  • 「抓住彩虹的男人」
  • 「三国志〜司馬懿 軍師連盟〜」
  • 「繭鎮奇縁」
  • 「萬水千山風雨情」

 

チャン・ジーシーさんは、2015年、テレビドラマ「抓住彩虹的男人」に出演し、知名度を上げ、その数々の作品に出演し、2018年には優酷主催の盛典で新人賞を受賞しています。

 

中国ドラマ『運命の桃花~宸汐縁~』では、狐族で、薬王洞の医官として優れた能力を持つ、青瑶(せいよう)役を演じています。

 

まだ情報があまりないようですが、今注目の女優の一人であることは、間違いありません。

 

参考元http://tvdramas.net/2018/12/19/zhangzhixi/

 

リー・ジアミン⇒雲風(うんほう)役

プロフィール

  • 名前:リー・ジアミン(李嘉銘)
  • 生年月日:1990年5月5日
  • 出身地:中華人民共和国 山東省 淄博市
  • 出身校:天津音楽学院

 

リー・ジアミンさんがこれまでに出演した作品を紹介しますね。

ドラマ

  • 「初遇在光年之外」
  • 「暴力音符」
  • 「運命の桃花~宸汐縁~」
  • 「千年のシンデレラ~Love in the Moonlight~」

 

リー・ジアミンさんは、 天津の天津音楽学院に進み、2015年に本格的に俳優として活動しはじめ、数々のドラマに出演し、人気を博しています。

 

プライベートでは、2020年に、女優の劉泳希さんと結婚しています。

 

中国ドラマ『運命の桃花~宸汐縁~』では、天族の上神であり、九宸の弟弟子、自由奔放な性格で遊び人の雲風(うんほう)役を演じています。

 

まだ情報があまりないようですが、今注目の俳優の一人であることは、間違いありません。

 

参考元https://kagekikairou.com/archives/14680

 

中国ドラマ『運命の桃花~宸汐縁~』出演キャスト・登場人物の感想

なるほど。

そうなんですね。

全体的には、高評価のようです。

 

中国ドラマ『運命の桃花~宸汐縁~』出演キャスト・登場人物まとめ

中国ドラマ『運命の桃花~宸汐縁~』の出演キャスト・登場人物の詳細と相関図を画像付きでご紹介してきました。

 

いかがだったでしょうか。

 

チャン・チェンさん、ニーニーさん演じるカップルの掛け合いに萌えること間違いなしです!

 

他のカップルの行方も気になります。

 

まだ視聴していない方は、是非一度ご覧になって下さいね。

無料動画はこちらから

 

 

https://cdrama.biz/?page_id=6496

コメントを残す