TharnTypeターンタイプの感想は面白い?評価を口コミ評判でまとめてみた!

Pocket

この記事では、タイドラマ『TharnType(ターンタイプ)』の感想は面白い?評価を口コミ評判でまとめてみた!について紹介していきます。

タイドラマ『TharnType(ターンタイプ)』は、短気な大学一年生でゲイを毛嫌いしているタイプが、入学し、寮に入り、新入生の音楽専攻でドラムを演奏するターンとルームシェアし、距離を縮めていくボーイズラブストーリー です。

タイプ・ティワット・ファワッタクン役にカナウット・トライピパタナポンさんを主演に、相手役のターン・タラ・キリガン役にスパシット・ジョンチーウィワットさんを迎え

脇を固めるスッティナット・ウントゥラクーン さん、Kittipat Kaewcharoen さん、Natthad Kunakornkiat さんなど個性的なキャストが共演しています。

さらに、脇を固めるイケメン男優たちからも目が離せません。

キャストの記事はこちらから>>

その恋愛、感動シーンが満載、何度ももらい泣きしてしまいます。

涙あり、感動あり・・・のラブストーリーも必見のドラマ。これはキュンキュンものです。

それでは、タイドラマ『TharnType(ターンタイプ)』の感想は面白いのか、口コミ評判による評価を知りたい方はお見逃しなく!

タイドラマ『TharnType(ターンタイプ)』感想・評価は面白い?口コミ評判をチェック!

あらすじの感想

大学一年生のタイプは、故郷を離れ、大学の寮に入り、ルームメイトのターンがゲイだと知り、激怒します。

タイプは、「部屋を変えたい、ゲイは部屋から出て行け」と口走るのですが、それには、動じずクールに対応するターン。

「僕はゲイじゃない。僕はゲイが大嫌いだ!」叫ぶタイプに、切れ長の目のターンがじりじりと近づいていきます。

「そのゲイと君は暮らしているんだ」

たくましい腕がきゃしゃな肩を包み、そのままキスを…。

病気になったタイプをターンが献身的に介抱し、2人の距離は近づき、ターンがタイプに触れるのです。

この2人の関係がどう発展していくのか?気になりますね。

タイプがターンに心を許したようです。

2人のラブラブぶりに温かい声。

かなり、病的のようです。

キャストの感想

ターンさん、ゲイなのに男前?!

2人の演技に魅了されています。

面白いの感想

エロいのがお好きな方には、必見のようです。

絶賛!

感謝、感激、雨、あられ!

面白くないの感想

話が急展開してしまい、不完全燃焼。

非常にきわどい表現に…戸惑う方も。

面白くないのと言うより、内容が濃すぎて引き気味のようです。

とにかく、笑えてもらい泣きする場面が多いようです。

タイドラマ全12話の短編作品ですが、

毎回楽しみに見られるドラマのようです。

 

タイドラマ『TharnType(ターンタイプ)』』感想・評価まとめ

タイドラマ『TharnType(ターンタイプ)』の視聴率や視聴者の面白い・面白くない・つまらないと言った感想・評価をご紹介してきました

いかがだったでしょうか。

ちょっと女子にはイタイ場面もありますが、

トラウマがありながらも、近づくタイプとターン

やきもきしながらもついつい見入ってしまうようです。

面白いです??涙なくしては見られない奥の深い物語でしたが、

最後まで飽きずに見られて、とても楽しめます。