中国ドラマ大唐見聞録 皇国への使者 の感想は面白い?評価を口コミ評判でまとめてみた!

Pocket

この記事では、中国ドラマ大唐見聞録 皇国への使者  の感想は面白い?評価を口コミ評判でまとめてみた!について紹介していきます。

中国ドラマ『大唐見聞録 皇国への使者』は、陵墓の発掘調査をしていた現代の青年・雲不器(ウン・フキ )が、皇帝・李世民(リ・セイミン)が統治する唐の時代にタイムスリップしてしまう最盛期の唐を舞台に描く歴史エンタテインメント です。

中国ドラマランキング三冠を獲得した作品です。

ドラマ「孤高の花~General&I~」、「The Way We Were」に出演したワン・ティエンチェンさんを主演に相手役には、ドラマ「海上牧雲記 3つの予言と王朝の謎」、「明蘭~才媛の春~」に出演したジャン・ジアニンさん迎えています。

さらに、脇を固めるイケメン男優たちからも目が離せません。

その恋愛、感動シーンが満載、何度ももらい泣きしてしまいます。

涙あり、感動あり・・・のラブストーリーも必見のラブコメドラマ。これはキュンキュンものです。

それでは、中国ドラマ『大唐見聞録 皇国への使者』の感想は面白いのか、口コミ評判による評価を知りたい方はお見逃しなく!

中国ドラマ『大唐見聞録 皇国への使者 』感想・評価は面白い?口コミ評判をチェック!

あらすじの感想

陵墓発掘調査のスタッフ雲不器は、発掘した品に触れてはいけないと知りつつ、地底にあった石像を見つけ、その仕掛けに気付き、かんざしでその仕掛けを作動され、吹き飛ばされ、砂漠で目を覚まします。

街や人を探して歩く不器は、ようやくあった建物に入り、喉の渇きを癒やすため、水を飲み干すと、男達に因縁を付けられ、李の若様と呼ばれるある女性に助けらるのですが、かんざしを盗まれてしまいます。

建物の店主は、不器のことを見て、雲の若様と呼ばれ驚きます。

出会う人々が皆着物を着ていることに違和感を感じ、店主に「今年は何年?」と聞くと「年号は貞観」と答えます。

それは、皇帝・李世民が統治する初期の唐の時代を意味していたのです。

宮廷の陰謀に巻き込まれていく不器は、生き延びることができるのでしょうか?

 

キャスト感想

それぞれのキャストに大満足の様子。

皇帝も大人気です。

 

面白いの感想

とにかく笑えて面白いようです。

絶賛!

演技力の高さが評価されています。

面白くないの感想

やはり最終回になっとくできないと。

すっきりできませんよね。

 

面白くないというより、ラストに納得できない様子です。

モヤモヤする…と言う方も。

とにかく、笑えてもらい泣きする場面が多いようです。

中国ドラマ全36話の作品ですが、

毎回楽しみに見られるドラマのようです。

今ならドラマが見放題!こちらの記事もオススメです!

ショコラ
ショコラ
今ならBLドラマが見放題!こちらの記事もオススメです!

 

中国ドラマ『大唐見聞録 皇国への使者』感想・評価まとめ

中国ドラマ『大唐見聞録 皇国への使者』の視聴率や視聴者の面白い・面白くない・つまらないと言った感想・評価をご紹介してきました

いかがだったでしょうか。

現代からいきなり唐の時代に現れた不器の

波瀾万丈のタイムスリップストーリー。

面白いです??涙なくしては見られない奥の深い物語でしたが、

最後まで飽きずに見られて、とても楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です