中国ドラマ「瓔珞(エイラク)」感想は面白い?評価を口コミ評判でまとめてみた!

Pocket

この記事では、中国ドラマ「瓔珞(エイラク)」感想は面白い?評価を口コミ評判でまとめてみたについて紹介していきます。

中国ドラマ「瓔珞(エイラク)」は、再生回数180億回を超える大ヒットとなり、放送禁止も必至との噂まで流れた作品、中国のエミー賞と呼ばれる国劇盛典で4冠に輝いています。

中国ドラマ「瓔珞(エイラク)」は、清朝最盛期、陰謀渦巻く後宮で女官から皇后へと上り詰めた女性、魏瓔珞(ギエイラク)の物語、実在した女性孝儀純皇后をモデルにした痛快歴史エンターテイメント です。

中国ドラマ『金枝玉葉~新たな王妃となりし者~』に出演したウー・ジンイェン (呉謹言) さんを主演に

相手役には、2011年に中国ドラマ「新西遊記」で玄奘三蔵役を演じたニエ・ユエン(聶遠) さん、

映画「ダブル・サスペクト 」「疑惑の潜入捜査官」に出演したミス香港出身の女優カーメイン・シェー (余詩曼) さん、

2012年、映画「王的盛宴(邦題:項羽と劉邦 鴻門の会)」で劉邦の妻である暴虐で有名な呂后を演じた美人女優チン・ラン(秦嵐) さんが脇を固め、

イケメン俳優シュー・カイ—(許凱) も名を連ねます。

中国ドラマ「瓔珞(エイラク)」は、瓔珞の復讐や彼女を巡る三角関係など、息もつけない展開から一度見たらやめられないという病的と言っても過言ではないヒットを飛ばした作品です。

その恋愛、感動シーンが満載、何度ももらい泣きしてしまいます。

涙あり、感動あり・・・のラブストーリーも必見のラブドラマ。これは泣けます。

それでは、中国ドラマ『瓔珞(エイラク)」』の感想は面白いのか、口コミ評判による評価を知りたい方はお見逃しなく!

中国ドラマ『瓔珞(エイラク)』感想・評価は面白い?口コミ評判をチェック!

あらすじの感想

清乾隆(せいけんりゅう)帝の時代、奴婢という最下層の身分でありながら、

女官として働く一方、後宮で亡くなった姉の死の真相を突き止めようと画策、

彼女は富察(フチャ)皇后の弟・傅恒(フコウ)を犯人と疑います。

ところが、彼に惹かれ、乾隆(ケンリュウ)帝からも好意を寄せられ、

愛憎うずまくトライアングル・ラブストーリーへと発展します。

妃や女官たちの陰謀に晒される日々を送るものの、

ものの見事にあっと言わせる方法で相手をやりこめます。

その葛藤と波乱万丈なサクセスストーリーを描いています。

ジェットコースター級の展開で最後までラストが予想できません。

また、豪華なセットや衣装、色鮮やかな映像美に圧倒されますので、

そういう目で見ても楽しい作品です。

好みの女優さんが出演していなくても、ハマるというのは、内容が素晴らしということですね!

オープニングですぐに悩殺されたようです。

見てみれば、皆さんの感想も実感できるようですね。

ヒロイン・瓔珞(エイラク)役を演じた女優のウー・ジンイェン —さん、

乾隆帝役を演じたニエ・ユエン さん、

富察(フチャ)傅恒(フコウ)役で一途な愛を貫くシュー・カイ— さんのイケメンぶりにも注目です。

キャスト感想

やはり、噂通りのイケメンのようです。

裁量を発揮するヒロインの強さがかっこいいと評判です。

 

面白いの感想

かなり、男前の女性のようですね。

その反面、女性らしく優しい皇后も!

最初から期待して見た人よりも、見始めてから、ハマる人続出です。

面白くないの感想

ありがちな人に対する不満!


確かに、そうですね。

復讐をした時の痛快さと後味の悪さも実感できるようです。

Twitterを見ても面白くないという感想はほとんど見当たりませんでした。

禁断の三角関係を描いた内容に評価が高いようです。

とにかく、もらい泣きする場面が多いようです。

中国長編ドラマ全70話の作品ですが、

禁断の愛であるがゆえに燃え上がる愛、

感動してため息をつくこと

間違いなしなのではないでしょうか。

終わり方に納得できない方が多いようですが、

長編ドラマでありながら、毎回楽しみに見られるドラマのようです。

中国ドラマ『瓔珞(エイラク)』感想・評価まとめ

中国ドラマ『瓔珞(エイラク)』の視聴率や視聴者の面白い・面白くない・つまらないと言った感想・評価をご紹介してきました

いかがだったでしょうか。

奴婢という最下層の身分から姉の死の真相を探るため

女官として働く瓔珞(エイラク)、

傅恒(フコウ)が姉を殺した犯人ではないかと

思いつつも惹かれ、

乾隆(けんりゅう)帝からの寵愛もうけ、

トライアングル・ラブへと話が発展していきます。

禁断の三角関係を描いた波瀾万丈のラブストーリー。

面白いです??涙なくしては見られない奥の深い物語でしたが、

最後まで飽きずに見られて、とても楽しめます。

 

コメントを残す