中国ドラマミーユエ感想は面白い?評価を口コミ評判でまとめてみた

Pocket

この記事では、中国ドラマ『ミーユエ』の感想は面白いのかつまらないのか、視聴率・口コミ評判による評価をご紹介していきます。

中国ドラマ『ミーユエ』は

紀元前338年絢爛豪華な宮廷で愛・嫉妬・裏切りを乗り越え、

秦の始皇帝の曾祖母で中国の統一礎をいて天下に君臨した

女性・ミーユエの数奇な人生を描き、中国国民の心を掴んだ話題作です。

2016年の中国ドラマ視聴率No.1。

なんと言っても、素直な主人公・ミーユエを演じるスン・リーさん、

純粋な想いを伝える幼なじみの黄歇を演じるホアン・シュアンさん

の演技に注目です!

幼い頃に支え合った義理の姉妹が、

一人の夫に仕える身となる愛憎劇には、

何度ももらい泣きしてしまうようです。

心揺れる女性ならではの繊細な感情も丁寧に描写され、

ミーユエを応援したくなること間違いなしです。

中国史上初の女性政治家として秦の礎を築き上げた宣太后・ミーユエ、

その人生に感服し、とても良い作品だと思えるドラマです。

それでは、中国ドラマ『ミーユエ』の感想は面白いのか、口コミ評判による評価を知りたい方はお見逃しなく!

\\\Youtubeチャンネル解説しました!!!///

 

 

\\\中国やタイドラマを動画でご紹介!///

中国ドラマ『ミーユエ』感想・評価は面白い?口コミ評判による評判をチェック!

あらすじの感想

81話と長編であってもまったく苦にならず、

面白くみられたという声が多いです。

色々と感じ、学ぶこともありそうです。

総制作費58億円を投じただけあって、

そのスケールの大きさに驚かされるようです。

圧巻の映像美が楽しめるドラマなんです。

キャストの感想

主人公・ミーユエの出産シーンでは、スン・リーさんの
迫真の演技が話題です。

スン・リーさんの演技に注目です。

数ある作品とともに、その演技力の高さを

絶賛されています。

もらい泣き、涙涙、悲しくなりますね。

幼なじみの黄歇を演じるホアン・シュアンさんの演技にも注目です。

セリフなしの表情だけの演技に魅せられています。

演技派ですね。

面白い感想

当時の女性たちの身の立て方が忠実に

表現されています。

ミーユエは、女帝でありながら、

侍女の意見にも耳を傾ける素晴らしい人柄のようです。

野望の為なら、手段を選ばず、極悪非道に突き進む魏夫人が

心底悔やんで懺悔するシーンに、心動かされています。

マー・スーさんの演技にも注目です。

2016年度中国テレビドラマ視聴率No.1、視聴者の評価は高いです。

なので、この視聴率の通り、歴史上の人物を描いた作品で内容も濃く、

とても面白いと思いますがいかがでしょうか。

面白くない・つまらないの感想

この方は、恋愛にスポットを当てた場面が

少なく胸キュンしないことが視聴持続できない理由のようです。

あまり、つまらないとの感想は見当たりません。

最終回の感想

長編でも、飽きることなく見られるというのは、

中身の濃さを表しているのでしょう。

ミーユエの人生を振り返って

感慨深げです。

最終回が穏やかというのは、

嬉しいですね。

長編ドラマでありながら、毎回楽しみに見られるドラマのようです。

中国ドラマ『ミーユエ』感想・評価まとめ

中国ドラマ『ミーユエ』の視聴率や視聴者の面白い・面白くない・つまらないと言った感想・評価をご紹介してきました

いかがだったでしょうか。

視聴率同様に実話に基づいた内容に評価が高いようです。

とにかく、もらい泣きする場面が多いようです。

素直な主人公・ミーユエを演じ切ったスン・リーさん、

純粋な想いを伝える幼なじみの黄歇を演じるホアン・シュアンさんのイケメンぶりにも注目です。

また、総制作費58億円を投じた衣装やセットの豪華さに圧倒されますので、

そういう目で見ても楽しい作品です。

中国長編ドラマ全81話の作品ですが、

中国の歴史の長さや偉大さに圧倒され、

そのスケールの大きさにも感動してため息をつくこと

間違いなしなのではないでしょうか。

王の血を引きながら、

不遇の幼少期を経て秦の王の母皇太后となったミーユエの波瀾万丈の人生、

面白いです??涙なくしては見られない奥の深い物語でしたが、

きらびやかで中国の誇り高い歴史を再現した超大作です。

最後まで飽きずに見られて、後味がとても良く楽しめます。

https://cdrama.biz/?page_id=6496

コメントを残す