解憂(かいゆう)の感想は面白い?評価・口コミ・評判をまとめてみた!

Pocket

この記事では、中国ドラマ『解憂(かいゆう)』の感想は面白い?評価・口コミ・評判をまとめてみた!について紹介していきます。

 

ドラマ『解憂(かいゆう)』は、鳥孫国に嫁ぎ、「心の国母」と呼ばれるまでになった解憂という実在した女性の壮大な歴史ラブ・ロマンス作品です。

 

 

アクションあり、ロマンスあり・・・の必見の歴史ドラマ。これは胸キュンものです。

 

それでは、中国ドラマ『解憂(かいゆう)』の感想は面白いのか、口コミ評判による評価を知りたい方はお見逃しなく!

\\\Youtubeチャンネル解説しました!!!///

 

 

\\\中国やタイドラマを動画でご紹介!///

解憂(かいゆう)面白い?口コミ評判をチェック!

 

あらすじの感想

前漢、武帝の時代、両国の統治に全力を注ぎ、漢帝国の全盛期へと突入していきます。

 

西域で存在感を増す烏孫の国へ、漢から政略結婚で嫁いだ細君公主が、5年後、身ごもったものの急死します。

 

侍女の一人は細君公主が毒を飲まされたことに気がつきますが、真相は闇の中に…

 

細君公主の死後、烏孫は、同盟関係維持のため新たな縁組を求め、即座に漢に使節団を派遣します。

 

都へ向かう旅の途中、砂漠に差し掛かった使節団は、匈奴(きょうど)の兵に襲われて散り散りになり、一行とはぐれた王族の翁帰(おうき)が出会ったのは、飲み水を探していた旅芸人一座の娘・解憂(かいゆう)だったのです。

 

見つけた湧き水を汚された解憂は、怒って翁帰を追い払い、旅芸人一座は街を出て廃墟で休憩していると、解憂の荷物の中に翁帰が隠れていたことに気づきます。

 

翁帰は、匈奴の毒矢で怪我を負い意識がない状態、解憂は座長を説得し、雨水と短剣を使って彼を治療します。

 

目を覚ました翁帰は短剣を見て「私のものだ」と話し、解憂は傷をえぐって荒療治療を施すのです。

 

深夜、解憂は翁帰の正体が気になり「何者か」と尋ねると、翁帰は「烏孫の商人で匈奴の盗賊に襲われた」と嘘をつきます。

 

そして、翁帰の知り合いのいる敦煌へ行くため一座に同行することになるのです。

 

二人は、次第に恋に落ちますが、その男性の正体は、烏孫の大将軍にして王の従弟だったと判明するのです。

 

一方、次なる和親公主として選ばれたのは、王族の血筋だと判明した旅芸人の一座の娘、解憂でした。

 

運命に翻弄されるも、覚悟を決めた解憂は烏孫の王に嫁ぎますが、時を同じくして西域の雄である匈奴からも公主が輿入れしていたことが分かるのです。

 

大国の思惑や過去の因縁が、渦巻く後宮という世界、翁帰おうきとの許されぬ恋…。

 

解憂の戦いが始まります。

 

これから先の展開から目が離せません。

期待大!

キャストの感想

 

体当たりの演技のようです。

存在感のある脇役も!

小学生や中学生のよう??

面白いの感想

 

他の作品と比較するとより一層楽しめるようです。

 

好評!

最近、年寄りでも無鉄砲の人がいますが…。

面白くないなどの辛口コメントの感想

 


正直なご意見!

 

ツンデレ、ドキドキ、胸キュン!

とにかく、ハマルようです。

中国ドラマ「解憂(かいゆう)」は、全45話の中編作品ですが、

毎回楽しみに見られるドラマのようです。

 

中国ドラマ『解憂(かいゆう)』感想・評価まとめ

中国ドラマ『解憂(かいゆう)』の視聴率や視聴者の面白い・面白くない・つまらないと言った感想・評価をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

解憂と翁帰、解優のビンタに驚愕!

恋の駆け引きに胸の高鳴りが止まらない、

宮廷ロマンスラブ史劇!

徐々に惹かれあい、恋愛に発展するところが見物!

バイオレンスあり、ロマンスあり…

どっぷりハマります!!!

面白いです??涙なくしては見られない奥の深い物語でしたが、

最後まで飽きずに見られて、とても楽しめます。

https://cdrama.biz/?page_id=6496

コメントを残す